« 2009年12月 | トップページ

2010年1月

2010年1月30日 (土)

2010.01.30(sat.) Five Pennies@夕張。

2010.01.30(sat.) Five Pennies@夕張。

Conti's Set List ☆彡

1.Tequilla

2.Honky Tonk Woman

3.Knock on Wood

4.Baby I Love You(Version of E.piano none!)

5.With or Without You

6.Saturday In The Park (Version of piano none!)

7.Long Train Runnin'
  <With Member Introduction>

encore / What's Goin' on & You Can't Hurry Love 
            

【Today's Conti's Member】 

Micky.........Voval, Guitar
Barbara......Drums, Cho.
Jhonny.......Bass, Cho.
ぷか............Trombone, Cho.
Higurashi....Tenor Saxophone,Cho.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今回もセットリストなしでしたので、曲順、演奏曲など違うかもしれません。
ご了承くださいませ。

新年2発目は、たびたびお世話になっております、夕張のファイブペニーズにてライブでした。

今回も、車中からみんなでワイワイ〜と盛り上がり、先日のおさらいあり、今後の展望についても話題にあがり、あっという間に夕張でした。

本日のタイバンは、Oh! Jeansさん。(^o^) Jhonnyさんも在籍しているバンドです。

さて、我がコンチ。本日のライブもフルメンバーで。

実は、今回のライブからトロンボーンに専念することになり、キーボード不在での演奏となりましたが、ご覧の通り、セットリストは今までと変わらずです。キーボードで担当していた部分は、様子をみながらトロンボーンでも補強するということで。とくにアレは絶対ムリ!!って思ってたけれど、コンチテイスト炸裂で。(笑) こういう切り口でもいいんだなぁ。。。と目からウロコの展開でした。実は。。今までエレピを弾いていたアレも、ちゃんとトロンボーンへのシフトができちゃいました。もちろんそれは、回りのサポートあってのコト。(^o^) ここには書ききれませんが、演奏している時も、それ以外でも。ホントに感謝です。
そしてもっとよい演奏が出来るように頑張らなくちゃ。(^o^)

ハプニングもありましたが、とても心地よい瞬間もあり、何よりも、聴いてくださるお客さんたちのあたたかさが嬉しかった夜でした。

Oh! Jeansさんの演奏も、とてもステキでした。
マスターのリードギターもステキだったし、黒田節やソーラン節といった異色の選曲もオドロキの連続できたし、バイオリン奏法というめずらしい奏法も堪能させていただきました。ホントにバイオリンみたいな音がしてました。Jhonnyさん、連続出場、お疲れさまでした。

演奏終了後は、いろいろと声をかけていただき、楽しいお話も興味深いお話しも盛りだくさんなひととき。オイシイゴハンと、おやつと、お酒(特にワインがおいしかった。(^o^))で、あっと言う間にお開きの時間となりました。

次回ライブでコラボの話も実現するといいなぁ〜と思っています。ぜひぜひ前向きに検討していただけたら嬉しいです。もちろん、譜面、めっちゃ書きますので!!

| | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

2010.1.16(Sat.) サムズバイク@札幌

2010.1.16(Sat.) サムズバイク@札幌 Start 20:30

Conti's Set List ☆彡

1.Tequilla

2.Honky Tonk Woman

3.Knock on Wood

4.Baby I Love You

5.Saturday In The Park

6.Money For Nothing

7.With or Without You
  

encore / Cocaine & Long Train Runnin'
            <With Member Introduction>

【Today's Conti's Member】 

Micky.........Voval, Guitar
Barbara......Drums, Cho.
Jhonny.......Bass, Cho.
ぷか............Trombone, Keyboard, Cho.
Higurashi....Tenor Saxophone,Cho.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今回はセットリストをあらかじめ立てずに演奏いたしました。(^_^;)
なので、曲順、演奏曲など違うかもしれません。ご了承くださいませ。

フルメンバーで臨んだ2010年1発目はサムズバイクにて。
アットホームな雰囲気がとてもステキな自転車屋さんです。(^^)

新年の練習は1回のみで臨んだ今回のライブ。
まさか、1度の練習しかしていないアレを本番でやることになろうとは!!( ̄∇ ̄|||)

Money For Nothing @ Dire Streights
 かのSting の「I want my MTV」というコーラスで始まり、幕を閉じる、1985年の全米NO1ヒット曲です。MTVを少々皮肉った?曲ながら、当時のMTVでかかりまくり、MTVのアワードで大賞を取ったハズ。。。当時としては非常に斬新な3Dアニメを駆使した作品でした。

オリジナルは管楽器など入っておりませんが、そこは得意のコンチテイストでアレンジ。
  >Produced By Mickyサンで。(^^)V
もちろん、当然、アドリブもバリバリ回ってくる。。( ̄∇ ̄|||)

そうそう、今回は打ち合わせしたワケではないらしいですが、メンバーがハンチング帽子大集合。(笑)
Barbara@Drさんは、今日の為に帽子を新調したそうです。(^^)
後ろかぶりがとってもお似合いでステキでした。(^^)

まぁ、ぷか@trbもハンチングではありませんが、帽子を新調しました。(笑)
今年は、カッコカワイイ?を目指そうと思うので!(苦笑) 
。。。もちろん、演奏もかっこよく決めたいトコロですが。。。(^_^;)

今回は、演奏後にセッションタイムが設けられました。
いつも演奏を聴いてくださってる皆様も楽器を持って参加してくださり、
Dパープル、シカゴなどなど、洋・邦さまざまなジャンルの曲が飛び出し、楽しい楽しいひとときでした。(^^)個人的には、久々にSaturday以外のシカゴのオリジナル楽曲、ちと嬉しかったですね。

特製のホカホカおやつ(^^)もおいしかったです。
ごちそうさまでした。

次回は2月27日(土)の予定。(^^)
ご都合よろしければ、ぜひ足をお運びくださいませ。

PS今回はカメラを忘れてきた人(>某trb吹き。。)がいたので、写真ナシです。(TOT)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライブリポート - 2009.12.31(Thu)~2010.01.01(Fri) No.2

SHA-LA-LA

2009年、大晦日のテーマは邦楽。

さすがに「CONTI」メンバーの出動はかないませんです。

急遽のメンバー編成にてJAPNEESE POPSを交えてみようかとの企画であります。

そのバンドのメンバー編成は、

「CONTI」初代ギターのKazasa。

Bassは相変わらずのジョニー(最近はしょぼいのでチョニになっております)。

そして僕がDrums & Vocal にて。

おまけに彼氏とLove Love-SHOKOのタンバリンであります。

2度の音合わせ、そして仕上げでした。いつものことですが限られた期間の中での段取りのみで終了ってな感じです。

「SHA-LA-LA」はとりあえずのバンド名。僕的には大変、気に入ってます。

今後の活動の中での「CONTI」変化形とでも言いましょうか、、、ある人にヒントをいただいて、ポスター作成に必要とのことで、しかも「CONTI」は使用しずらいなどの諸事情からの命名でしたがなかなか気に入ってます。そして、捨てがたいなどとも思っています。

そのテーマである邦楽、レパートリーに関しましては、次回「SHA-LA-LA」の出演機会がありましたならば、じっくりと語りたいなどと考えております。

見事、当日貼りのポスターには、もちろん手書きではありますが「SHA-LA-LA」のバンド名がありました。ちょっと感激。でも他のメンバーたちはバンド名を知らないぞ?の指摘の中そしての疑問ではありますが、もちろん誰にも伝えていないのだから当然ですよ、ってその心配は的中。見事に誰も気づかない、なんて思いきやKazusaは気づいたのである。

さすがは、「CONTI」の命名者Kazusa。目ざとく、発見したのである。しかも機材セッティング最中に、、、

というわけでログハウスで小一時間ほどくつろいだ後、演奏会場にかけつけ、その間シーンシーンと雪が降り積もる中、FF前輪駆動車はようやくに辿り着き無事到着。そして楽器機材搬入セッティングとなるのである。

それにしてもログハウスの居心地の良さは幸せそのもの、、、大、大、大満足でありました。その後の演奏など考えたくないほどの快適さでした。

しかし、僕たちのは2009~2010年にかけてのカウントダウンライブは待っているのであーーーーーーる。

| | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ