« Conti 次回ライブは 9月12日(土) | トップページ | 「Proud Mary」 »

2009年9月 2日 (水)

政権交代選挙の週明け

日曜日のうちに日本の政治状況は一変してしまった。

それも前政権与党は秒殺的な負け具合。

有名なあの人もこの人もただのおじさん、おばさん。

でも人間の価値は国会議員じゃないからといって変わるわけじゃない。

落選した議員さんたちも小学生、中学生のように教科書及び教材&ノートたちの入った何キロもあるバッグを背中にしょい子供たちと一緒に登校するとこの国の本当の姿がみえてくるかも。自分の身体より膨らんだバッグに揺さぶられながら、歩行者などまったく見向きもしない自動車を擦りよけ毎日歩くとこの国の将来が達観できるかもしれません。ぜひ、お薦めしたいものです。

さて、本当にこの国は大丈夫でしょうか?

実必的に政権与党、衆議院の比較第一党がその数を減らし、選挙前比較第二党が過半数を完全に抑え政権交代を実現します。参議院では過半数がないので完全無欠の一政党による国会運営ではありません。しかし、旧くは大化の改新、鎌倉幕府、南北朝、関ヶ原の戦い、明治維新、太平洋戦争と同じくらい(ちと、嫌、かなり大げさではあるが)革命的な歴史的事例である。にもかかわらず月曜、火曜のTVゴールデンタイムは通常放送であった。有料放送は別としても視聴率ドガエシしても選挙の結果報告、例えば投票惜敗率での復活当選とか、各政党の比例の名簿解説とか、それぞれの選挙区事情とか。それに政権交代で今後のこの国の指針とか行く先とかを示してもらえるかと思いきや、何事もなかったようにゴールデンタイムは通常放送であった。イスラエルは大事であるが総選挙が終わったばかりのこの国に必要であるのだろうか。TVそのものの将来が見透かされているようである。けっして、TVの批判をしているのはなくもう少しの間総選挙の結果を国民みんなで話し合う必要があるのではないだろうか。メディアはそこに目を向けるべきではないだろうか。スポーツは見たければ有料TV、映画が見たければレンタル。TV等メディア全体にも意識交代を求められている。

ような気がする。

さて、この国の改革は現実問題としての変革は来年の春以降を待たなければ実感できないでしょう。

我がCONTIは確実に変貌を遂げているようである。

どこへ行くのやら、さっぱりわからないが昨日よりは今日へと脱皮しているようである。

夕張ファイブペニーズでのLIVEの後は、

毎年恒例のウェスタンカーニバルでの出演が決まりました。

9月22日、火曜日、八剣山果樹園です。

メンバーにはまだOKもらってないです。

しかし、素晴らしい演奏をしていただけるでしょう。

と勝手な期待をしております。

|

« Conti 次回ライブは 9月12日(土) | トップページ | 「Proud Mary」 »

Free Talk」カテゴリの記事

コメント

>>メンバーにはまだOKもらってないです。


ぷぷ。。coldsweats01 めっちゃ受けました。

投稿: ぷかち。 | 2009年9月 4日 (金) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257751/31204170

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代選挙の週明け:

« Conti 次回ライブは 9月12日(土) | トップページ | 「Proud Mary」 »